たむら薬局トップページへお問合せ

管理栄養士の考案レシピご紹介

たむら薬局 管理栄養士の考案レシピご紹介

さくらえびと小松菜のあんかけ豆腐

栄養価〈1人あたり〉
エネルギー 131kcal
たんぱく質 10.6g
脂質 5.0g
炭水化物 12.0g
カルシウム 315㎎
食塩 1.2g

低糖質レシピ VOL.1

さくらえびと小松菜のあんかけ豆腐

丸ごとカルシウムがとれる干しえびと、骨を強くするビタミンKを豊富に含む小松菜の相性が抜群です!

《材料》(2人分)

絹豆腐 (木綿豆腐でも代用可) 1丁
小松菜 2束
長ねぎ 1/2本
乾燥さくらえび(素干し) 2g
15ml
(A)中華顆粒だし 小さじ1
(A)オイスターソース 小さじ1
水(水溶き片栗粉用) 大さじ1/2
片栗粉 小さじ2

《作り方》

豆腐をキッチンペーパーで包み、500Wの電子レンジで2分加熱する。
小松菜は4㎝のざく切り、長ねぎは2㎝程度のななめ切りにする。
乾燥さくらえびは出汁をとるため分量の水に10分浸漬させる(その時浸した水はあとで使うのでとっておく)。
鍋に②で小エビを浸していた水ごと入れ、小松菜の茎、Aを加えて中火にかける。
ふつふつしてきたら小松菜の葉、長ねぎを加え、小松菜が鮮やかな緑色になったらいったん火をとめ、水溶き片栗粉をまわし入れる。
皿に①の豆腐をかるく崩しながら入れ、上から③をまわしかければ完成。

レシピ一覧に戻る

ページのトップへ戻る